2018年11月10日土曜日

20181110発眼卵放流イベント レポート

今年も発眼卵放流イベントが終わりました。
紅葉真っ盛りの中、漁協役員、釣り人6人、ClearWaterProjectメンバーで実施しました。

今回はテンカラ大王 石垣先生にも呼び掛けてもらい、6人の一般の釣り人が参加してくれました。

まずは発眼卵の消毒をし、死卵があれば取り除きます。綺麗な卵だけをBOXに入れていきます。 

続いて、このように皆で川の中にBOXを埋めていく。流れがあるところに入れないと死卵になりやすいので、ある程度の流速のとこに入れますが、大雨で流されないような場所にするという注意も必要です。 

出来た!程よい流れにたくさんのBOXが入っています。 

こちらは左岸側で作業をされていた西尾さんと薮下さんのエリアです。
左岸と右岸、適度にばらして、良い場所にBOXを入れていきます。

左岸側も良い感じです。 

作業を終えて歓談中。
釣り人の皆さんが集まってくれたので、4万粒35BOXがなんと1時間程度で終わってしまいました! 

さて、これからが面白いです。
今回の卵達も稚魚になる確率は90%越えを目指します。
通常、自然繁殖魚でも15cm個体になる確率は2%です。ただし、名倉川漁協でやっている方式では、それを越えれるのでは?と考えており、これも継続的にチェックしていきます。

アマゴ達は長い冬を超えるわけですが、少しずつ大きくなっていく稚魚を観察するのは感動ものです。
自然繁殖魚でも2%だけしか15cm個体になれないという厳しい世界。貴重な魚達です。

今後の成長は随時こちらのブログでもレポートをあげていきます。

ご協力頂いた釣り人(テンカラ師)の皆様、誠にありがとうございました!!

なお、今回の稚魚は3月頭には段戸川C&Rエリアに移す予定です。


2018年11月4日日曜日

アマゴ発眼卵放流や資源量調査

あっという間に寒くなってきました。
木々も色づき始め、紅葉は駆け足に過ぎて冬近しという気がします。
さて、いくつかご連絡です。

まずは11/10(土)アマゴ発眼卵放流イベント。

連携するClearWaterProjectさんや、東海スポーツフィッシングクラブさんでも告知していますが、まだ参加者募集中です。
都合がつく方はお気軽にどうぞ。

次に谷口先生研究室の皆さまにお世話になっているアマゴ資源量調査
既に3回目まで実施して頂いております。


実はまだあまり望ましい結果が出ていません・・・
ただし、今年それほど良い結果が出なくとも問題ないとは考えています。

継続的にアマゴの発眼卵放流をし、そのエリアをC&R区間とすること、そして定期的に今回のような資源量調査をすること、これらが出来ていればいずれはたくさん釣れる川になっていくでしょう。

焦らず貴重なデータを採取し、地に足をつけて取り組んでいければと思っています。

2018年10月18日木曜日

2018 段戸川アマゴ発眼卵放流

昨年度に引き続き、今年も名倉川漁協主催によるアマゴの発眼卵放流イベントを開催します。

名倉川漁協では漁協だけでなく、企業 / 釣り人 と協力して新しい川づくりを模索しています。
最終的に発眼卵から孵化した稚魚を放流する場所は、段戸川C&R区間です。
多様な主体が参加してくれることで、段戸川C&R区間にたくさんの人が愛着をもって頂けますと幸いです。

昨年からの2年目ですが、今年から名城大学理工学部環境創造学科 谷口先生の研究室にご協力頂き、資源量調査も開始しています。

テンカラ大王 石垣先生のHPでも告知して頂いています。
http://aitech.ac.jp/~ishigaki/

両先生にご協力頂き、大変感謝しております。

是非、大都市名古屋の近辺で「1日10匹釣れる川」を一緒に作っていきましょう。

【概要】
--
日時:11月10日(土) 11:00-13:30

場所:豊田市田津原町

参加費無料

参加希望者は、詳細連絡のため担当:田中[satsukit0402@gmail.com]までメール頂くか、事務局[0565-82-2640]までお電話ください。
--

詳細は以下ファイルをご覧ください。



2018年10月7日日曜日

段戸川C&R区間 アマゴ資源量調査

今年のシーズンも終わりました。
たくさんの釣り人の皆さまにお越し頂き、感謝しております。
ありがとうございました。

さて、名倉川漁協では来シーズン以降に向けて、段戸川C&R区間のアマゴ資源量調査を実施しております。

名城大学理工学部環境創造学科 谷口先生の研究室にご協力頂き、今後数回にわたって調査を実施して頂く予定です。

<10/4 調査の様子>




10/4の調査では、台風の影響によりご覧のようにかなり増水しており、うまく結果が出ていませんが、どういう結果になるにしろ今後の参考になるため、非常に楽しみにしております。

もうすぐ今年の発眼卵放流イベントの告知も開始致します。

今シーズンは終わりましたが、早くも来年への動きが活発化しています。


2018年6月7日木曜日

名倉川漁業管内根羽川鮎特別解禁2018

天候にも恵まれて、今年も無事根羽川特別解禁を迎えることができました。

釣果は、多い人で80匹位、少ない人で30匹位

平均で40匹位でした。

大きさは、大きいので18cm~20cm 小さいので13cm~15cm位でバラバラでした。

種別が3種類いるかもしれません。

今度の日曜日は、残りの区間が解禁となります。

この地方も梅雨入りし、天気が少々心配ですが楽しみです。

2018年5月27日日曜日

2018年 根羽川試し釣り




日時:2018年5月27日(日)PM1:00~2:00 1時間

場所:豊田市大野瀬町 やな場前

釣果:8匹~20匹 大きさ15cm~18cm

長野産の方がやはり大きく、県産はやはり少し小さめでした。

琵琶湖産も少し混じってました。

5月20日放流ありました。



2018年5月18日金曜日

段戸川キャッチアンドリリースの集い、テンカラ講習会レポート

当日は朝から大雨の予報でしたが、静岡県など遠方からわざわざ足を運んでくださった方もおり、約30人の方々が集まってくれました。

段戸川キャッチアンドリリース区間への注目が高いということでしょうか、有難い限りです。

午前中の雨が降る前になんとか講習会を実施します。
講師はテンカラ大王 愛知工業大学の石垣先生です。

午後からはキャッチアンドリリース区間の説明と、アンケートを配っての質疑応答です。

アンケートの結果や質疑応答もとても参考になるものでした。
詳細は以下のレポートをご覧ください。